ハーブピーリングとケミカルピーリングの違い、特徴、デメリットなどを紹介します♪

ハーブピーリングとは


当店でも扱っているハーブピーリング…

皮膚のたるみやくすみ、ニキビ跡などで悩んでいる人はハーブピーリングの施術を受けてみたい人が多いのではないでしょうか。
ハーブピーリングは肌の再生を促すための施術方法で、植物由来成分、海藻由来成分を皮膚に塗り、浸透させる事でことで皮膚の内部に働きかける効果があります♪植物由来の棘状のチクチクする成分を、皮膚に塗ることで皮膚のターンオーバーを促進する効果があります。
若い頃はターンオーバーのサイクルが28日から30日前後ですが、40代を過ぎると45日から60日と遅くなるため、皮膚のくすみやしみ、しわ、たるみなどの肌トラブルが発生しやすいんです。
ハーブピーリングの施術を受けるとターンオーバーが促進される効果が期待でき、きれいな皮膚に生まれ変わります♪

それに対してケミカルピーリングは酸を皮膚に塗ることで、古い角質や角栓を剥がす効果があるのですが、ハーブピーリングは皮膚の内部に働きかけるのが特徴です♪

当店のハーブピーリング

ケミカルピーリングとの違い


ハーブピーリングは、数多くのメディアでも紹介されており、興味関心の高い人が増えています。
ケミカルピーリングとハーブピーリングの違いを知っておくことが大事ですね♪
ケミカルピーリングは、皮膚に酸を塗ることで皮膚の表面の古い角質を剥がすため、ニキビやニキビ跡を目立たなくしたり、皮膚のくすみや毛穴の黒ずみを改善する効果があります。
皮膚に酸を塗ることで皮膚が剥離するため、きれいな皮膚が出てきますが、皮膚の外側から直接働きかける施術方法となります!(当店では行っていません)

ハーブピーリングに期待できる効果


ハーブピーリングは、植物や海藻の棘状の成分を塗ることで、皮膚の内部に働き掛けて皮膚の再生を促す施術方法です。
ケミカルピーリングに比べると、皮膚への刺激が少ないため、皮膚が弱くて乾燥しやすい人も施術を受けることが可能です。
皮膚に疾患がある人は、医師の診察や問診を受けておき、許可を得ないと施術を受けることができません。
植物にアレルギーのある人は、施術ができない可能性があるので特に注意が必要です!

ターンオーバーの促進効果


ハーブピーリングは、植物や海藻の天然由来の棘状の成分を皮膚に塗ることで、肌の内部に働きかけて皮膚の再生を促す効果があります。
ケミカルピーリングは科学的な酸を皮膚に塗ることで、皮膚の表面の角質を剥がすため、刺激が強いのが特徴です。
ハーブピーリングは安全性に優れており、皮膚への刺激が少ないため、皮膚が弱くて乾燥しやすい人も施術を受けることができます。
皮膚の内部に働きかけるため、皮膚のターンオーバーを促進したり、くすみやニキビ跡を目立たなくする効果があります。
皮膚のターンオーバーを3日ぐらい、早くするため、3週間から1ヶ月ごとに施術を受けることで皮膚に透明感が出てきます。
コラーゲンの生成を促進する働きがあるため、皮膚にハリや弾力が出てきて、リフトアップ効果も期待できますよ。
ハーブピーリングの施術を受けた後は、皮膚の赤み、痒みなどが出ることがありますが、好転反応なので一時的なものであることが多いです。


30代後半を過ぎるとターンオーバーが遅れがちになり、皮膚の表面に古い角質、角栓などが溜まってしまい、くすみや肌荒れ、しわなどの原因になることが多いです。
ハーブピーリングは、科学的な薬剤を使用するケミカルピーリングに比べると、肌に優しいのが魅力と言えます。
ハーブピーリングの施術を受けると、皮膚の新陳代謝が促進されて、数日後に皮膚の古い角質がぽろぽろ落ちてきてきれいな皮膚が出てきやすいです。
皮膚の内部に働きかけるため、しわやしみを予防したり、美白効果が高まります。
加齢が原因で皮膚のくすみ、毛穴の開き、しわなどのエイジングサインが気になっている人にお勧めです。
皮膚のかゆみ、赤みが出ても、健康な人であれば問題ないことが多いですね。

ニキビや肌荒れの予防効果


ケミカルピーリングは、皮膚の表面に酸を塗ることで古い角質を取り除き、ニキビやニキビ跡を改善する効果があります。化学的な薬品を使用するため、皮膚に刺激を感じることがあり、皮膚やニキビの状態によっては使用できないことが少なくありません。
カウンセリングや診察、問診を受けることが多いですが、肌質や皮膚の状態によっては効果が出にくいこともあります!
ハーブピーリングは、天然の植物由来成分で皮膚の内部に働きかけるため、ケミカルピーリングに比べると肌に優しいのが魅力ですね。
多少の刺激は感じますが、植物アレルギーや皮膚疾患がない場合は施術を受けることができます。
ハーブピーリングの施術を受けることで、コラーゲンの生成が促進されて、古い角質が剥がれやすくなり、ニキビや肌荒れを予防する事も期待できます♪

デメリット


ハーブピーリングは、皮膚への刺激が少なく安全性が高いですが、多少のデメリットがあります。
天然の植物由来成分を皮膚に塗布して浸透させる事で、皮膚の内部に働きかけるため、個人差はありますが施術を受けた直後は皮膚の赤み、痒みなどが発生する事があります。
皮膚の赤みは翌日には改善しますが、多少のダウンタイムがあるのは理解しておいてくださいね!
植物アレルギーの人、皮膚に疾患があり、治療中の人、妊娠中の人は普段よりも皮膚が敏感になっており、施術が受けられないことがあります。
ハーブピーリングは、安全性に優れていますが、難治性のニキビ、でこぼこしたニキビには効果が出にくいことがあるので理解しておいてくださいね!
施術を受けた直後は、皮膚が敏感になっているため、日焼けには十分に気をつける事が大事です♪ハーブピーリングは施術後5日目からどんどん綺麗になっていき、10日目、14週目とみるみる綺麗になっていきますよ^ ^

関連記事

  1. 夏のエイジング肌をを短期集中で改善するスペシャルケアとは??…

  2. 安全に肌コンプレックスを解決する優れもの

  3. 美容液洗浄で毛穴の悩み解消

  4. フェイシャルケア

    フェイシャルエステに向いている人、エステでサロンケアするメリ…

  5. ニキビ・ニキビ跡にも期待できる100%植物処方のフェイシャル…

  6. 夏肌ダメージ・・くすみ顔対策に有効なWケアとは??